電源遮断器

大震災に備えるにはスイッチ断ボールを

 

大地震が来た時に、大きい揺れを感じてしまうと建物が倒れてしまうように感じてしまい恐怖を覚えます。

 

 

しかし近年では大震災が起きても建物が崩れてしまうという事は減ってきて、それ以外の二次災害で人に被害が及んでいる事が多いのです。

 

 

火が出てしまって火災が起きてしまったり、津波が来てしまい建物が崩れてしまう事が多数あるのです。

 

 

だからこそ建物の強度を上げる事も大切ですが、二次災害の部分まで目を向けるようにする事が大切になります。

 

 

中でも通電火災を防ぐためにも、大きい地震が来た時に家庭用の電源遮断器をすぐに落とす事ができるように、スイッチ断ボールを購入しておきましょう。

 

 

こちらは自分で震度調節リングを調節する事で、震度5から7のいずれかが起きた時にブレーカーがすぐに落ちるような設計になっています。

 

 

その方によって震度5にするのか6から落ちるようにするのは、選んで設置する事が可能です。

 

 

単純な仕組みで落ちるようにもなっていますし、電動部品もないのでいざという時に電池などがなく落ちなかったという事態にもなりません。

 

 

自宅が火災にならないように防ぐ事は、周りの住宅にも被害を広げない事もあります。

 

 

日本は特に地震が多い地域ですので、スイッチ断ボールを活用しましょう。

 

>>スイッチ断ボール3【最安値】通販ショップはこちらから<<