ブレーカー 自動遮断装置

地震対策にスイッチ断ボールを取り入れよう

 

日本は地震が多い国ですが、地震は予期せぬ場所、予期せぬ日に置きますので、日頃から油断せず、防災への意識は高く持っておきたいですね。

 

 

特に地震では火災が起こることも多く、火災が起きるとさらに被害が広がってしまいますので、火災への対策も忘れず行っておきましょう。

 

 

地震の際には停電になることが多いですが、電気は短期間に復旧するというメリットもあります。

 

 

とはいえ、電気が復活した際には通電火災が起こることも多く、それが被害を広めてしまう場合もあります。

 

 

それゆえ、ブレーカーは落としてから避難したいですが、とっさの場合はそうした時間がとれないことも少なくありません。

 

 

より対策をしっかり行うなら揺れを感知した際に、自然にブレーカーが落ちる工夫もしておきたいですね。

 

 

通電火災対策を手軽に行うのであればスイッチ断ボールを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

こちらの商品は取り付けも簡単に行うことができ、揺れで重りが台から落下し、その落下の際に重力でブレーカーが落ちるという仕組みです。

 

 

電池も必要ありませんので、電池切れなどで大事なときに作動しないという心配もありません。

 

 

ほぼすべてのブレーカーに対応していますし、もしもの際の備えにプラスしておくことがおすすめです。

 

>>スイッチ断ボール3【最安値】通販ショップはこちらから<<